FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

画期的!神吉流穴熊戦法

・神吉流穴熊戦法

今回紹介する戦法は神吉流穴熊(神吉流居飛車穴熊)という戦法です。
今現在プロで主流の戦法はやはり居飛車穴熊で、その人気は全く衰えません。
組めれば作戦勝ちとも言われおり、何といってもその勝ちやすさは魅力的です。
今回は少し変わった居飛車穴熊を紹介しようと思います。

それが神吉流穴熊です。
神吉流穴熊とは神吉宏充七段が考案した独創的な穴熊です。
独創的な将棋とトークで根強い人気のある棋士です。
Wikipediaの棋風欄にもある通り、

・その一方、神吉流穴熊というオリジナルの居飛車穴熊を開発し、振り飛車退治も得意にする。

という一文があります。
それが今回紹介する神吉流穴熊です。

さっそくどんな穴熊か紹介しましょう。
下の図が神吉流穴熊の完成型です。
kankiryuu1.jpg
神吉流穴熊は居飛車側の囲いで、どの振り飛車相手にも有効です。
先手の居飛車穴熊は四枚で堅く、端攻めに強いのが特徴です。
金銀の連結もよく横からの強さも十分です。

そして何より魅力的なのは構築手順の隙の無さなのです。
具体的にどのように組むかをお見せしましょう。



・神吉流穴熊の組み方
オーソドックスに対四間飛車の駒組みを解説します。

初手からの指し手
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲4八銀 △3二銀 ▲5八金右 △4二飛
▲6八玉 △6二玉 ▲7八玉 △7二玉(第1図)

kankiryuuanaguma2.jpg
序盤は何の変哲も無い居飛車対四間飛車の出だしです。
ここまでの居飛車側のポイントが1つだけあります。
それは5筋の歩を突かない事です。
理由は後ほどわかるでしょう。

先手はここから囲いに入ります。


第1図からの指し手
▲7七角 △8二玉 ▲8八玉 △7二銀 ▲7八銀 △5二金左(第2図)

kankiryuuanaguma3.jpg
先手は▲7七角~▲8八玉~▲7八銀と囲いに入りますが・・・ここでおや?っと思った方は多いでしょう。
今回紹介するのは神吉流穴熊であって、神吉流左美濃ではありません。
ですがご心配なく、これが神吉流穴熊の第一歩なのです。
まずは左美濃に組む事で陣形の隙を無くします。

第2図から先手は穴熊へと変身するのです。

第2図からの指し手
▲5九銀 △4三銀 ▲2五歩 △3三角 ▲6八銀 △6四歩 ▲7九銀 △7四歩(第3図)
dai3zu74hukankiana.jpg
先手の▲5九銀が神吉流の第1弾。
この右銀を玉に寄せていくのです。

途中のポイントは△4三銀に▲2五歩と突いておく事です。
▲2五歩と突いておくことで、後手の銀が△5四銀~△6五銀と出て角頭を狙ってきても▲2六飛(参考図)で受かります。
sankouzu26hikanki.jpg
この手を用意するために序盤で5筋を突かなかったのです。
銀が出てきたら▲2五歩と突くが第2のポイントです。

右銀を7九まで寄せました。
ここまでの手順には先手離れ駒が一枚もなく隙のない駒組みです。
さてここから神吉流穴熊の始まりです。


dai3zu74hukankiana.jpg
第3図からの指し手
▲9八香 △6三金 ▲9九玉 △9四歩 ▲8八銀 △9五歩(第4図)
dai4zu95fumadekanki.jpg
▲9八香から先手は穴熊に入ります。
そして▲9九玉~▲8八銀と入り第4図。
ここまできたら一先ず安心で、穴熊の完成です。

これで完成ではなく、ここからさらに発展するのが神吉流穴熊。

第4図からの指し手
▲6八金寄 △8四歩 ▲8六歩 △7三桂 ▲8七銀右 △8三銀
▲7九金寄 △7二金▲7八金寄(完成図)

kankiryuu1.jpg
先手は▲6八金寄~▲8六歩~▲8七銀右と上部に厚くしていきます。
ここの駒組みも隙が無く安心して組めるでしょう。
そして最後に二枚の金を寄せて完成図、神吉流穴熊の完成です。
組みあがるまでに一つも離れ駒が無く、隙無く穴熊に組む事ができました。

こうなれば絶大な堅さで縦横どちらにも強い正に無敵の囲いです。
組みあがった後、どう攻めるかの一例も示しておきましょう。

完成図からの指し手
△5四歩 ▲4六歩 △6五歩 ▲3六歩 △6四金 ▲5六歩 △1二香 ▲4五歩(参考図)
sankouzu45hukankiryu.jpg
後手は△4三銀型なので▲4六歩~▲4五歩の▲4五歩早仕掛け風に角交換を挑むのがわかりやすいでしょう。
▲4五歩に△同歩なら▲3三角成 △同桂 ▲5三角で先手優勢です。

この戦法は左辺に駒が偏っているので仕掛けに少し苦労しますが、そこさえ乗り切れれば穴熊の堅さが生きて強く戦えることでしょう。

この戦法のポイントをおさらいしておきましょう。
・5筋の歩を突かない
・左銀が出てきたら▲2五歩と突き▲2六飛を用意
・ハッチを閉めたら▲6八金寄~▲8六歩~▲8七銀右と上部に厚くしてさらに固める


これがポイントでしょうか。
序盤に隙も少なくわかりやすく組めるのが魅力的。
普通の穴熊に組むと急戦を挑まれて困った・・・といった居飛車党にもお勧めできるでしょう。
他の振り飛車相手にも応用が利くので、左美濃に囲った後に固めてみたいという時にも十分使えます。



・神吉流穴熊実戦譜

神吉流穴熊の実戦譜を最後に紹介します。
神吉流穴熊は組んだ後の手の作り方に悩みやすく、本家の実戦を見てみると非常に参考になるでしょう。

1985年 順位戦 神吉 対 飯田
今回紹介した駒組みとほぼ同じ組み方と仕掛け。
結果は残念ですが駒組みは参考になるでしょう。

1986年 順位戦 瀬戸 対 神吉

1992年 棋王戦 若松 対 神吉

1992年 全日プロ 神吉 対 小林健

1993年 早指戦 土佐 対 真田

1993年 順位戦 依田 対 神吉


・神吉流穴熊実戦譜(フラ盤)

左下の『kanki1.txt』をクリックすれば、他の棋譜も見れます。


実戦譜はそれなりにあり、真田圭一七段も一度採用しています。
神吉流穴熊の独創的指し回しを体感してみるのはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。