FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀冠と思いきや右玉!変幻自在『銀冠右玉』

・銀冠と右玉について

今回紹介する戦法は『銀冠右玉戦法』です。
戦法に詳しい方なら、銀冠右玉?一体どういう事だと思われるでしょう。
似た印象の戦法として『矢倉右玉』といった物もありますが、それに似た感じの戦法です。
銀冠囲いと右玉を組み合わせた独自の右玉です。

銀冠は将棋を指している人ならピンとくる囲いです。
御存じ下の囲いが銀冠囲いです。
ginkan1mig.jpg
この囲いは上部に強く横にもそれなりの強度誇り、現代将棋では頻出する囲いです。
居飛車、振り飛車問わず非常に強力な囲いです。


では次に右玉戦法がどんな物か?
これも図を見てもらった方が早いのでお見せします。
これが右玉戦法(下図)です。
ginkan2migi22.jpg

居飛車でありながら玉を右に囲う玉飛接近の形にするという棋理に反した戦法。
主に相居飛車戦で用いられ、相手に左辺を攻めさせて、左辺で貰った駒を右辺で使いカウンターを狙うというスタイルの戦法です。
力戦好きの人が用い、あくまで定跡外しという印象が強く昭和まではプロでは本筋の戦法とは思われていませんでした。
しかしその後、石田和雄九段が独自の右玉『石田流右玉』通称『矢倉右玉』(下図)を確立させ、竜王戦の挑戦権を争った事で一気に話題を呼びます。
yaguramigigyoku2.jpg

参考までに竜王戦での矢倉右玉を一局載せておきます。

・石田流矢倉右玉
1990年 竜王戦 西川 対 石田



後手の石田九段が用いた囲いが『石田流矢倉右玉』と呼ばれる形です。
石田九段の功績でプロでも右玉が見直され、今では対ゴキゲン中飛車に対する糸谷流右玉や一手損角換わりでの先手右玉など色々な将棋で右玉が活躍しています。

右玉についての詳しい概要はとても良いサイトがあるので紹介します。


・右玉サイト
右玉の基礎攻略ガイド Level.8
右玉といえばこのサイト。
あらゆる右玉の一例や実戦例、対策など右玉に関する事なら何でも網羅しています。
右玉関連の書籍やサイトが少ない中、このサイトの存在は右玉党にとって心強い味方です。

alfred_vignyの『右玉最前線』
右玉の序盤の細かい駆け引き、特定の戦法の対応策などの変化を細かく研究しているサイト。
右玉の早囲い遅囲いの違いから、右玉の端歩の関係など気になる所を徹底研究しているので、右玉をさらに深めたい人は必見のサイト。

雨玉(ウギョク)物語
右玉戦法を指した実戦譜を載せているサイト。
右玉戦法はプロアマでも実戦例は多いとは言えないので、実戦で一体どのように指しているのか?と気になっている人にはオススメ。

関西将棋会館 ビギナーズ戦法事典 右玉戦法
関西将棋会館公式サイトのビギナーズ戦法事典の右玉戦法解説。
簡潔に右玉の要点を解説しているので概要を知るならここで十分。


他に右玉関係の書籍も紹介しておきます。


・右玉戦法書籍
右玉伝説

右玉戦法を最初にまとめた記念すべき一冊。
伊藤果七段『風車戦法』石田和雄九段『矢倉右玉』について解説している本。
右玉の基本的な筋から解説し、右玉独自の指し回しについて書いている本
矢倉右玉風車戦法新風車戦法の3つが載っており、右玉戦法がどういった物かを知れる貴重な本。
他にも振り飛車模様から右玉への転身といった独特の手筋も書いているため、右玉愛が深まる事でしょう。
定跡本のように序盤の一手一手の解説は無く、いきなりテーマ図から始まるので手筋本のような感覚の一冊です。

とっておきの右玉


元奨励会員で現在アマ強豪の細川大市郎さんが書いた右玉本。
細川さんは▲7六歩 △3四歩 ▲2二角成 △同銀 ▲6八銀(下図)から進む細川流右玉を得意としています。

hosokawamigigyoku.jpg
細川さんは、後手の銀は2筋のそっぽに行かせ、自分の銀は▲6八銀と中央に使えるという事で角交換を手損と考えず、銀の働きの差で有利になる と考えているようです。
以下先手は右玉に囲い下の参考図のような陣形を目指します。
hosokawaryuumigigyoku1ho.jpg
角換わり型の右玉なのでお互い駒組みに気を使いますが、先手は右玉なので駒の打ち込みに強いのがウリです。
以下は先手は▲8九飛~▲4八金~▲5八銀左と駒を組み換え後手の隙を狙います。
後手も角を手持ちにされているので急な動きが難しく千日手狙いの将棋になる可能性もあります。
この細川流右玉について解説されたのが、このとっておきの右玉です。

第1章ではこの細川流右玉について。
第2章では相手が振り飛車にした際にどのように戦うか?
第3章では後手が初手△8四歩と突いてきた際にどう右玉に組むか?
第4章では右玉の千日手についての考察。
後手番右玉でどのように千日手に誘導するかについてかなり詳しく考察されています。
第5章は最近流行の戦法に対する右玉の現状について。
地下鉄飛車、一手損角換わり対先手右玉、ダイレクト向かい飛車に対して▲6八銀型でどう指すか?そして最後に相右玉の変化について触れられています。
第6章は細川さんの自戦記。
実戦例の少ない右玉の貴重な自戦記なので参考になるでしょう。

参考に細川流右玉の実戦譜も掲載しておきます。

・細川流右玉実戦譜
2000年 学生王将戦 天野啓 対 細川
2001年 平成最強戦 細川 対 村田登
2001年 平成最強戦 細川 対 吉田
2001年 学生王将戦 細川 対 越谷
2002年 その他 小泉 対 細川
2004年 朝日アマ名人戦 細川 対 佐野
2004年 朝日アマ名人戦 細川 対 宮地
2005年 アマ竜王戦 細川 対 伊ヶ崎
2005年 平成最強戦 吉田 対 細川
2006年 その他 YSS 対 細川
2006年 グランドチャンピオン 細川 対 今泉



アマ強豪クラスでも十分通用する右玉戦法として、細川流右玉は非常に強力な戦法です。
角交換からの右玉は駒の打ち込みにも強く、相手としてはこれほど厄介な戦法もありません。
そして今回紹介する『銀冠右玉』もこの角換わり右玉がベースになった戦法なのです。



・銀冠右玉戦法
ではさっそく銀冠右玉戦法について書いていきましょう。

銀冠右玉とは何なのか?
銀冠右玉とは、銀冠囲いと右玉戦法を複合した戦法なのです。

どんな形かさっそく見てもらいましょう。
下の図が銀冠右玉戦法です。

ginkanmuriimig1.jpg
5筋の歩は突いてある場合と突いていない場合があります。
2筋の歩も手が間に合えば突きたい所。

先手の形を見て、明らかに筋が悪いだろうと思った方は筋がいい。


角を換えて、左に銀冠囲いを作り、右に玉を囲う。
文字通り銀冠右玉、合わせて銀冠右玉です。

実はかなり前からこの戦法を教わって知っていたのですが、一目かなりの筋悪で独特過ぎると判断してブログに掲載するのは控えていました。
しかしこの戦法の実戦を見ていると銀冠右玉独自の筋などもあり、なかなか面白いのでは?と思い今回紹介する事にしました。

上の図を見てもらう通り、左辺に銀冠囲いだけ作って玉が右にいます。
そのため一目左銀が遊んでいて棋理に反しているというのが第一勘でしょう、普通の人なら誰もがそう思います。
この形が今までの角換わり右玉と何が違うのか?
どうして銀冠なのか?ということについて説明していこうと思います。


・細川流右玉と銀冠右玉の比較
同じ角交換右玉の細川流右玉と比べてみましょう。
細川流右玉基本図
上図は細川流右玉▲6七銀型から組み換え、▲5七銀型にした物です。
二枚銀の好形で筋の良い形です。
以下の先手の狙いとしては▲6九飛~▲6五歩の桂交換です。
桂交換に成功すると駒の打ち込みに強い右玉側が少し指しやすくなります。

ですが上図で▲6九飛の瞬間に△8六歩などといった手があります。
実はその展開は後手の8筋攻めを空に切らし、先手の反撃が決まって有利となります。
しかし後手の形によってはそういった手が成立してしまう怖さもあります。


では次に銀冠右玉を見てみましょう。
ginkanmuriimig1.jpg
先手の形をよく見ると、8筋の歩が向かい合っているままです。
早期に▲7七桂~▲8六歩を間に合わせる事で後手の8筋交換を防いでいるわけです。
先手は次に▲6九飛~▲6五歩の桂交換を狙う事が可能です。
あるいはさらに手待ちで▲3八玉~▲4八金~▲2六歩とひたすら待つ手も有力。

細川流と銀冠右玉の違いをまとめると。

・細川流の特徴
銀が中央に集まり駒の働きが良い。
8筋は攻めさせてカウンター。
駒の繰り替えが必要で攻勢に転身するには時間がかかる。


・銀冠右玉の特徴
早い6筋交換が可能。そのため左桂の活用が容易。
8筋に手厚く簡単には突破されない。
場合によっては▲5七玉~▲6八玉と普通の銀冠模様に転身できる。その際の左辺の厚みは心強い。
8筋の銀の扱いが難しい。

比べてみるとやはり細川流の方が本筋の戦法のような気がします。
しかし銀冠右玉は独特のトリッキーさで相手を惑わす事が可能でしょう。

次はさっそく銀冠右玉のトリッキーな狙い筋を紹介していきます。



・銀冠右玉の指し方
では再掲載の銀冠右玉の基本図。
ginkanmuriimig1.jpg
今回は先手上図から▲6九飛と攻勢を見せた一例をお見せします。

上図以下の指し手
▲6九飛(第1図)

第1図▲6九飛銀冠右玉
先手は▲6九飛と6筋に飛車を回し、次の▲6五歩を狙います。
この素早い▲6九飛~▲6五歩の狙いが銀冠右玉の大きな狙い筋の一つです。

もし先手の銀が▲8七銀型でなく▲6七銀型だと、▲6九飛としても6筋に飛車の利きが通りません。
この素早い展開が銀冠右玉の一つ目の狙い筋です。

ここで後手が何もせずに△8一飛と先手の狙いにハマる場合、△8五歩と攻勢にきた場合、△5二金と手堅く受けてきた場合の3つについて解説します。


まずは第1図から△8一飛と引く展開。
これはほぼ一手パスに近い手で先手の狙いに丸々ハマります。
この戦法の狙いを見てもらうためにあえて緩手を指してもらいます。

第1図以下の指し手
△8一飛 ▲6五歩 △同歩 ▲同桂 △同桂 ▲同飛 △6四歩 ▲6九飛(参考1図)

参考1図は▲6九飛まで銀冠右玉
△8一飛には▲6五歩から桂馬交換に出ます。
以下6筋で桂馬交換に成功し△6四歩と打たせて▲6九飛とした局面。
これでまず先手が桂馬交換と6筋の歩を持つという得を主張しました。

まずは6筋でリードしましたが、参考1図の瞬間に後手も△8五歩と歩交換してきます。

参考1図以下の指し手
△8五歩 ▲同歩 △同飛(参考2図)

第2図△8五同飛まで銀冠
△8五飛と飛先交換にきた局面。
ここは色々手がありますが、銀冠右玉の注意点がいくつかあります。

この局面で先手にはいくつかの手段が考えられます。
1.▲8六歩
2.▲7三角
3.▲8九飛


大まかに分けるとこの3つの手が後手の飛車先交換時に考えるべき手です。
まず1番の▲8六歩の展開から。
この展開は一番穏便でお互い一旦落ち着きます。

参考2図以下の指し手
▲8六歩 △8一飛(変化1図)
変化図△8一飛銀冠右玉86
先手の▲8六歩に対し後手は飛車をどこに引くかですが、△8二飛は▲7三角(参考図)と打たれる筋が気になります。
参考図▲7三角まで銀冠右玉
以下△8一飛に▲6二角成といった展開になり後手面倒。
後手は空いた7三の空間に角を打たれる筋が常にあるのです。
常にこういった筋を警戒する必要があるので△8二飛とは後手引きにくく、△8一飛と深く引いて変化1図。

変化図△8一飛銀冠右玉86
変化1図の局面はお互い桂を手持ちに。
そして先手は6筋、後手は8筋の歩を手持ちにしています。

この展開、どちらが指しやすいのかと言うと実は先手側が少し模様がいいのです。
変化1図以下は先手から攻めずに▲3八玉(将来の角で王手がかかる筋を消す)と寄っておくだけで後手指す手に困ります。

変化1図以下の指し手
▲3八玉 △2二玉 ▲4八金 △3二金(変化2図)

変化図△8一飛対矢倉▲右玉
後手は駒の打ち込みが難しいので△2二玉~△3二金と矢倉に組み替えます。
しかし変化2図は、先手側には常に▲6二角・▲7三角といった打ち込みがあるのに対し、後手には何も対抗手段がありません。
場合によっては左金を▲6八金(▲6七金)から寄せていく手もあります。
後手は自陣にある飛車を狙われる筋が常にあるのです。

例えば変化2図からいきなり▲6二角(変化3図)といった打ち込みも十分考えられます。
変化3図▲6二角まで銀冠
次の狙いは▲7三角成の馬作りです。
上図で△8三飛には▲7一角成・▲5一角成と馬を作る。
他に変化3図で△7二銀なら▲6四飛と走って先手十分、以下△4二角の頑張りには▲7四飛と横歩を取り△7三歩には▲同角成で以下強襲。
先手陣の玉を締まった効果で後手の反撃にも強くなっています。

銀冠右玉のコツの一つとして『素早くリードしたら一旦玉形を整える』という事です。
左銀の扱いが遠い戦法なので、桂交換だけでは容易に良しとは言い切れません。
そのため一旦ポイントを稼いだ後に玉形を整えてリードを作るという展開になります。
桂交換後に▲3八玉の一手だけでも入ると、角の王手がかからないようになり先手グッと戦いやすくなります。

変化3図は先手やや指しやすいと言う事で、一旦戻って参考2図の局面。
第2図△8五同飛まで銀冠
他に先手に考えられる手は、
2.▲7三角
3.▲8九飛

の二つです。

銀冠右玉ではこの二つの手は頻出します。
ですが場合によっては成立しないケースも多々あります。
さっそく説明していきましょう。

まず▲7三角(変化1図)と打つ手。
変化1図▲7三角 銀冠右玉
この手先手の陣容によっては成立する可能性のある手です。
先手の8筋の厚みを利用して、8筋で頑張っている間に角を成り込むんで攻めるという狙いです。

変化1図以下の指し手
△8六歩 ▲9八銀 △8七角 ▲同銀 △同歩成(変化2図)

変化2図強襲銀冠右玉
後手は△8六歩~△8七角とシンプルに攻めてきます。
しかし先手としてもこの瞬間左の遊び銀が捌けるのでチャンスでもあります。
ですが今回に限っては先手玉の形が薄すぎたのが不味い結果となります。

変化2図以下の指し手
▲6七金左 △7八と ▲2九飛 △8七飛成(失敗図)

失敗図△8七飛成まで銀冠

先手は▲6七金左と軽く逃げるのが手筋です。
変化2図で▲同金は△同龍で後手に金銀を持たれてしまうので辛い。
他に変化2図で▲6八金左は△6六桂と打つ手が厄介。

というわけで▲6七金左と上がる一手に後手は△7八と~△8七飛成と入られて失敗図となります。
こうなると次に△7七とと引く手が厳しすぎるので先手持ちません。
先手の▲7三角からの攻めは遅すぎて話になりません。

先手陣の堅さと後手陣の形によっては通用する可能性のある手ですが、▲4八玉型では上手くいくケースは少ないようです。


というわけでこの展開も良くないのでまた戻って参考2図。
第2図△8五同飛まで銀冠
最後に考えられるのが参考2図で▲8九飛と飛車を回す手。
狙いは▲8六銀から押し返す棒銀で、このパワーのある反撃が銀冠右玉の魅力の一つですが・・・。

第2図以下の指し手
▲8九飛 △6六桂(失敗図)

失敗図△6六桂まで銀冠右玉
今回は▲8九飛に△6六桂の金の両取りの筋があるので上手くいきません。
以下▲6八金左と逃げても △5八桂成 ▲同金 △8八歩 ▲同飛 △6六角 といった感じで先手陣壊滅です。
もし先手が6筋交換をせずに▲6六歩とある形ならこの棒銀返しは十分有力だったのですが・・・。


というわけで、この三つの筋、

▲8六歩の穏便策
▲7三角のカウンター
▲8九飛の棒銀返し


銀冠右玉の重要なポイントということがわかったはずです。
主にこの三つをどう使うかですが。

戻って第1図の局面。
ここで他の手を考えてみましょう。
第1図▲6九飛銀冠右玉
▲6九飛と回った局面に戻って、ここで後手がどう来るか。

他に考えられる手は△8五歩と交換にいく手。
そして△5二金として△6三銀に紐をつけて待ち受ける手。

まずは△8五歩と8筋交換にくる積極策から見ていきましょう。
銀冠に真正面から向かう積極的一手です。
ですがこの手は先手に桂馬を手持ちにさせてしまうので危険な一手です。

これには二つの返し技があります。

第1図以下の指し手
△8五歩 ▲同桂 △同桂(途中図)

途中図△8五桂まで銀冠右玉
△8五歩には▲同桂と取るのがポイントです。
そして△8五同桂と後手は取る一手ですが、ここで先手に二つの手があります。

1.▲7三角
2.▲8五同歩


どちらも8筋の手厚い銀冠右玉を生かした返し技です。
まずは▲7三角(下図)と打つ変化から。
途中2図▲7三角銀冠右玉
この▲7三角と打つのが△8五歩に▲8五同桂と取った具体的な意味です。
一体どういう意味があるのか?
先手がもし▲8五同歩と取ってから▲7三角と打った局面と比べてみます。

・第1図から△8五歩 ▲8五同歩 △8五同桂 ▲7三角と打った局面
比較図▲7三角銀冠2

この▲8五同歩の変化で▲7三角と打つと少し面倒なことが起こります。
具体例として進めてみましょう。

比較図以下の指し手
△7七桂成 ▲同金 △8七飛成 ▲同金 △7八角(比較2図)

比較2図△7八角まで銀冠
△7七桂成には▲同金と取って穏便に済ませようとしますが、△8七飛成と捨てる手があります。
そしてトドメに△7八角と放り込みます。
これは先手面倒な展開です。

8筋の歩が無くなっているために飛車切りの変化が生じてしまうのです。
こういった細かい変化も気を付けたい所です。

というわけで、戻って途中2図。
途中2図▲7三角銀冠右玉
ここで後手△7七桂成なら▲同金で何ともありません。
というわけで後手は飛車を逃げるのですが、どこに逃げるか?

△8三飛は▲9一角成と香を取って先手有利。
というわけで△8一飛(第2図)と引く一手ですが。

第2図△8一飛銀冠
この時点で既に先手良しです。
第2図でで先手は▲6二角成とするか▲8五歩と桂馬を取るかの2択ですが、これは後手の陣形を見て使い分けましょう。
後手陣の駒の連結が悪い場合は▲6二角成から馬を作り相手陣を荒らしていくのが良いでしょう。
具体手順を一例として挙げます。

第2図以下の指し手
▲6二角成 △5二銀 ▲7二馬 △3一飛 ▲8五歩(変化図)
変化図は▲8五歩まで銀冠右玉
こうなれば後手は攻め筋がなくジリ貧で先手勝ちの展開です。
一例ですが場合によってはこういった展開もあります。


戻って第2図。
第2図△8一飛銀冠
ここで▲8五歩は手を戻し桂馬を取る事で桂交換後に後手陣をゆっくり攻めようという手です。
次に▲8四歩と伸ばし後手陣をじわじわ圧迫していく狙いもあります。

第2図以下の指し手
▲8五歩 △同飛 ▲9一角成 △8六歩 ▲9八銀 △8七角(第3図)

第3図△8七角変化銀冠

▲8五歩と取れば当然後手は△同飛と取って勝負。
ここで先手は▲9一角成と勝負に出ます。
勿論十分戦えると読んでの事です。

もしこの変化に自信がなければ、▲9一角成のところ▲8九飛(変化図)と飛車を合わせる手も有力です。
変化図▲8九飛まで銀冠2
こうなると後手何もできず△8一飛と引く一手ですが、以下▲8三歩と歩を垂らし次の歩成りを狙って先手十分でしょう。
この手厚さが銀冠右玉の魅力の一つです。
じっくり一方的に攻める展開になる可能性を秘めているのがこの戦法の恐ろしさです。

戻って第3図。
第3図△8七角変化銀冠

本譜も真正面からの殴り合いの変化ですが。

第3図以下の指し手
▲同銀 △同歩成 ▲6八金左 △7七と ▲同金 △8八飛成(結果図)

結果図は△8八飛成まで銀冠
第3図以下は▲同銀 △同歩成までは同じ。
ここで▲6七金左は△7八とが面倒なので▲6八金左と寄ります。
今度は△6六桂の筋がないのでこの手が成立しています。
後手は手がないと困るので△7七とと捨ててから△8八飛成と成り込んで結果図ですが。

この結果図は先手優勢なのです。
まず飛車が▲6九飛と構えているため、▲6八金寄と寄って受ける手がある事。
外側に金の外壁を作ってしまえば後手の龍も怖くありません。
結果図以下は ▲6八金寄 △8七桂 ▲7八金引 △9九龍 ▲同飛 △同桂成(参考図)といった進展が考えられます。
後手が攻める手はこのぐらいしかないのですが。
参考図は99銀冠まで
流石にこの展開は先手の持ち駒の豊富さと左辺への広さが大きく先手十分と考えて良いでしょう。

結果図の局面でもし先手の飛車が▲6九飛でなく、他の位置 例えば▲2九飛と構えていた場合は▲6七金寄(仮想図)で問題ありません。

仮想図▲6七金寄まで儀冠
△7八銀と引っかけても▲5七金寄で続きません。
というわけで後手から△8五歩を狙う展開も難しいのです。

では戻って途中図の局面。
途中図△8五桂まで銀冠右玉

ここで先手にもう1つ手があります。
それは単に▲8五同歩(途中図)です。

途中図▲8五同歩まで銀冠
単に取る手も実は有力で、その理由は先手陣に▲6六歩があるからです。
具体的にどうなるか進めてみましょう。

途中図以下の指し手
△同飛 ▲8九飛(変化図)
変化1図▲8九飛まで銀冠右玉
今度は△同飛に▲8九飛と下に回す手が成立するのです。
狙いは当然▲8六銀からの棒銀攻撃。
この時先手の6六の地点に歩があるので、後手△6六桂といった反撃がありません。

変化図以下の指し手
△8一飛 ▲7三角 △5二金 ▲8三歩(結果図)
結果図8三角まで銀冠
後手は△8一飛と引く一手ですが、ここで先手に手が色々とあります。
まずは▲7三角~▲8三歩と垂らす手がまず軽い手筋で結果図。
この歩が取れないようでは後手大変。

この展開は先手十分です。

他に▲7三角のところ▲8六銀(変化図)も有力で先手の玉形が▲3八玉、▲4八金型なら間違いなく有力な攻め筋です。
変化図は▲8六銀まで銀冠

先手の棒銀返しはこの戦法の狙い筋の一つですが・・・。
この場合は△6五歩(変化2図)という手があって少し面倒な展開になります。

変化図は△6六歩まで銀冠右玉2
▲同歩は△6六桂の両取り。
他にも△8八歩 ▲同飛 △6六角の王手飛車取りがあります。

この棒銀返しの筋は有力なのですが、自陣をよく見てから決めないといけないのが難しい所です。
本当に棒銀返しの筋が通用するのか?と心配になっているかもしれませんが大丈夫です。
角を手持ちにしているため後手の攻撃にはある程度のカウンターを取ることができます。

そして今までの解説でわかった通り、どうも先手の玉形の問題で上手くいかない というケースが多いようです。
特に▲4八玉型が祟るケースが多いようです。

それを踏まえて最後の変化。
第1図に戻りましょう。
第1図▲6九飛銀冠右玉

ここで後手が△5二金と備えた場合どうするか?
これこそが銀冠右玉がベールを脱ぐ瞬間なのです。

第1図以下の指し手
△5二金

第2図△5二金まで銀冠右玉1
後手は△5二金と寄り、自陣に角の打ち込みを消します。
ここで先手すぐに▲6五歩から6筋交換にいく手もありますが、後手の△5二金は駒交換にそなえた手なので、簡単には先手もよくならないでしょう。
△5二金は自陣を整えたやや守勢の手なのです。
しかし後手はじっくり待たれると角の打ち込みを警戒しないといけないため、駒組みにいろいろな制約を受けます。

そこで先手も自陣を整えて、後手の駒交換後の反撃に備えておくのが得策だと言えます。
後手も好きに指せと言われると効果的な手が少ないのです。
この呼吸は右玉ではかなり重要なコツと言えましょう。

第2図以下の指し手
▲3八玉 △8一飛 ▲4八金(第3図)

銀冠右玉第3図
先手は▲3八玉~▲4八金と自陣を整えます。
この2手が入ると、先ほどの変化であった王手飛車の筋や△6六桂の筋が消えます。

しかし銀冠右玉の特徴である、将来の▲5七玉~▲6八玉といった筋が消えてしまいますが、この場合は戦場は左辺なので問題ないのです。
▲4八玉型は仮の位置で、その途中で後手が仕掛けてきた場合に左辺に逃げるという筋が現れる時がある と思っておけば良いでしょう。

やはり理想は▲3八玉型なのです。
この形になると先手側には今まで紹介した筋が遠慮なく使えるようになります。

例えば後手が△8五歩と仕掛けてくる変化を見てみましょう。


第3図以下の指し手
△8五歩 ▲同桂 △同桂 ▲同歩 △同飛 ▲8九飛 △8一飛(変化1図)
変化1図△8一飛まで銀冠
後手は△8五歩から8筋交換に来ます。
今度の後手陣は△8一飛型△5二金型で角の打ち込みもないので、▲7三角の筋はありませんが・・・。
後手が△同飛と走った瞬間に▲8九飛と合わせるのが銀冠右玉最大の狙い筋です。

今度はこの手が成立するのです。
後手は一旦△8一飛と引いて変化1図。

先手陣が▲3八玉・▲4八金型なので、△6五歩から△6六桂の筋や 王手飛車の筋がありません。
以下先手の単純な棒銀攻めが後手受けにくいのです。


変化1図以下の指し手
▲8六銀 △2四歩 ▲8五銀(結果図)

結果図8五銀までん銀右
▲8六銀と先手は棒銀の逆襲に出ます。
先手には次に▲8五銀や▲8五歩(変化図)といった指し方もあります。

変化図▲8五歩打まで銀冠右玉2
▲8五歩と打つ形は重いようですが、一旦8筋を制圧してまた自陣を整えようというのが真の狙いです。
▲7七銀と引き、左辺の金銀を中央に寄せて自陣を整備していけば、8筋を伸ばした分先手が良いという考えです。
具体的にどのような展開になるか一例を示します。

変化図以下の指し手
△4二銀 ▲7七銀 △6二金 ▲6八銀 △3三桂 ▲2六歩(変化3図)

変化2図は銀冠右玉成功図
後手は指す手が難しいので△6二金として先手の8筋攻めに備えておきます。
先手は▲7七銀から▲6八銀と自陣に銀を引き付け、次の△2五桂を狙った△3三桂には▲2六歩と受けておき変化3図の局面となります。

変化3図で△2一飛は▲8四歩と伸ばす手があるので指しにくい手です。
よって後手はなかなか動くことができず先手に8筋を制圧されたまま駒組み状態になります。
先手は▲5七銀~▲6八金、機を見て▲8四歩など指したい手がある状態なのでこの展開は先手十分です。
後手陣は少し気を抜くと桂や角を打たれて大変なことになってしまいます。

▲8五歩と打って駒組み合戦に戻して銀を自陣に戻す指し方も非常に有力で、左銀をどう使うかがこの戦法の重要な一点なので面白いでしょう。


では戻って▲8五歩のところ▲8五銀と出た場合の結果図。

結果図8五銀までん銀右
この単純な棒銀攻めも後手としては受け辛く困っています。
結果図で△8三歩なら▲8四歩と合わせて棒銀は止まりません。
他に図で△7二銀と引いて銀には銀と対抗しようとしても一旦▲8四歩と押さえ、次の▲7四銀を狙えば先手十分です。

先手には角桂歩の三枚があるので、この攻めもなかなかうるさいのです。
この逆棒銀攻めの筋は非常に強力で面白く、この戦法の醍醐味ともいえる手なので一度使ってみると痛快な気分を味わえます。

では最後に第3図に戻っておさらいしてみましょう。

銀冠右玉第3図
この局面は後手が△8五歩と攻めても、先手の8筋の銀冠が手厚く破ることができません。
しかしここで何もしなければ、前半で解説した通り▲6五歩から桂交換に出る手があります。
桂馬を手持ちにすれば▲7三角といった手も生じるので先手十分。

他に何もせず▲2六歩と玉の懐を広げて待つ手も有力でしょう。
つまりこういった模様になると先手が6筋交換の主導権を持っているので、先手としては不満ない展開になるのです。

では最後に銀冠右玉の指し回しのコツをまとめてみます。
・後手の8筋交換には▲8六歩の穏便策、▲7三角の反撃、▲8九飛の逆棒銀
・▲8九飛の逆棒銀は▲5八金型・▲7八金型だと成立しにくい。
・▲4八玉型で様子を見て、機を見て▲3八玉~▲4八金と整える。
・特に▲5六歩をついた場合は▲3八玉と必ず寄る。(角で王手の筋を消す)

 この▲5六歩は突かない手もあるので様子を見て突くかどうかを決める。5筋の歩は考えなしに突かない方が良い。

・場合によっては左辺に玉を移動させることも可能。
・左銀の捌きは常に心がけておく。
・先手には早期の6筋での桂交換の権利がある。

これらが大まかなコツで、これを頭に入れておけばこの戦法は指しこなせるでしょう。
では次にこの銀冠右玉を指していると起こる色々な手を紹介していきましょう。



・銀冠右玉ハイライト集
主に実戦で頻出しそうな手をここでは紹介していきます。

1.▲8三角打
銀冠右玉ハイライト1
後手が△5四銀と腰掛け銀に構えた局面。
狙いは6筋攻めでしたが、ここではこの手が不用意な手でした。
次の一手で後手が忙しくなります。

第1図以下の指し手
▲8三角(途中図)

途中図▲8三角まで銀冠
ここで先手に▲8三角と放り込む手があるのです。
狙いは次の▲7四角成。
銀が動いたために7四の歩が浮き駒になっているのです。

この手が意外にうるさく後手困っています。
例えば途中図で△6三銀と引いて▲7四角成を防ぐのは、▲7五歩 △同歩 ▲5六角成(変化図)と馬を作られてしまいます。

銀冠右玉ハイライト1変化
これは次の▲8三馬がまた面倒なので先手指しやすい展開です。
この▲5六馬が生じる事があるので、銀冠右玉では▲5六歩と突くかどうかは実は難しい所なのです。

他に途中図から△6三銀 ▲7五歩に△8二飛は▲6一角成で馬を作られます、以下△7五歩に▲6五歩と先手が仕掛けていきます。

戻って後手は△6三銀と引いた所では△5二角(第2図)と打つ手もあります。

△5二角まで 銀冠右玉
▲7五歩には△6三銀と引いて数で受けようという狙いです。
これで先手の角は討ち死にするかに見えますが。

第2図以下の指し手
▲7五歩 △6三銀 ▲6五歩 △同歩 ▲7六銀(第3図)

7六銀まで銀冠右玉
先手はそれでも▲7五歩から馬を作りにいきます。
後手は△6三銀と受ける一手ですが、そこで▲6五歩の突き捨てが肝心な手。
この手は手抜きして△8二飛と角取りにいくと、▲6四歩と伸ばして先手良しです。

他に▲6五歩に△同桂は▲同桂 △同歩 ▲5五桂(変化図)があって先手良し。
変化図は▲5五桂まで銀冠右玉
よって▲6五歩には△同歩と取る一手です。
この突き捨てが重要で、この突き捨てがないと将来後手が△7四角の形になった際に△4七角と切られる手が生じます。
さらにここでは△6五同歩に▲7六銀(第3図)と出る手が継続手です。
銀冠の左銀を使うことで駒が捌けてきます。

7六銀まで銀冠右玉
何もなければ次に▲6五桂 △同桂 ▲同銀と6筋に銀を押し出していきます。
では後手ここでどうするか?という話ですが、やはり一番やってみたい手は△8二飛からの角殺しです。
さて先手の角はここからどうなるのか・・・。

第3図以下の指し手
△8二飛 ▲7四角成 △同銀 ▲同歩 △同角 ▲7五銀(途中図) △4一角 ▲7四歩(結果図)

途中図7五銀ハイライト
後手は△8二飛から角を取りにいきますが、▲7四角成とバッサリ切り捨て△同銀 ▲同歩 △同角に▲7五銀(途中図)と出ます。
この銀出が上手い手で先手の銀が手順に捌けました。

ここで先手が最初に▲6五歩 △同歩 と突き捨てた効果が出ています。
もしこの手が無ければ、この瞬間に△4七角成と切られて厄介な事になります。
この手を消した突き捨てであり、ここまで読んでの▲8三角だったのです。

後手は△4一角と引く一手に▲7四歩(結果図)と桂頭に歩を打ち結果図です。
ハイライト銀冠結果図
先手は角銀交換となりましたが、先手陣は下段飛車で駒を打たれる隙はなく攻められる心配はありません。
結果図は次の▲7三歩成が厳しく先手優勢です。

結果図以下△8三飛には▲6二銀と打ち込み、次の▲7三歩成を狙って先手良し、以下△7六歩には▲7三歩成 △7七歩成 ▲同金で何ともありません。
他に結果図で△7二飛は▲8三銀 △7一飛 ▲8二銀成 △5一飛 ▲7三歩成といった要領でと金で攻めていけば後手なすすべがありません。
結果図で他に△7六歩と開き直るのも▲7三歩成 △7七歩成 ▲同金で今までの変化同様後手どうしようもなし。

後手が腰掛け銀に構えた場合は常にこの筋を考えてみると良いでしょう。


・▲7三角
これも腰掛け銀からの局面です。
銀冠ハイライト2局面
8筋からの攻めは先手陣の手厚さから一目無理と判断して、腰掛け銀から6筋を攻めてくるという人は多いはずです。
しかしこの戦法は角交換右玉なのでこの6筋攻めにも用意があります。

この戦法の説明を見てきた人ならなんとなく察しはついているでしょう。

第1図からの指し手
△6五歩 ▲同桂 △同桂 ▲7三角(結果図)

銀冠右玉ハイライト27三角
△6五歩と後手は当然仕掛けてきます。
そこで▲同桂と取り、△同桂に対して▲7三角と開いた空間に打つのがお約束の一手。
この角はこの戦法では頻出する手なので絶対に覚えておきましょう。
しかしこれで先手良しというわけではなく、以下難しい勝負になりました。

実戦以下は△6一飛 ▲8四角成 △5五桂といった戦いになりました。
その後熱戦の末に、右玉側が競り勝ちました。

後で解説しますが、後手からの△5五桂の筋は先手としては厄介で、そのため駒組み段階で5筋の歩を突いて桂打ちを消すか、突かずに駒組みを進めるかは難しい所なのです。


・銀冠への全力疾走
これは他の右玉でのよくある手なのですがせっかくですので紹介。
全力疾走銀
終盤で後手が△4七桂成と上を押さえてきた局面。
これを▲同銀と取るのは△同金で上部から押さえられて大変です。
手番が回れば▲6一銀が入り後手陣を潰せるのですが、先手玉がその前に詰まされては話になりません。

ここから先手玉が銀冠目がけて全力疾走します。

第1図以下の指し手
▲5九玉 △5七成桂 ▲6九玉 △5六成桂 ▲7九玉(第2図)

銀冠大失踪2
先手はひたすら▲5九玉~▲6九玉~▲7九玉と玉を左の銀冠めがけて全力疾走させます。
後手も成桂で追いかけて一旦△5六成桂と銀を補充しますが、先手▲7九玉と入城に成功します。
銀冠に入城できたので先手も一安心です。
しかし後手も銀を補充したので、ここから後手頑張って攻めを続けてきます。

第2図以下の指し手
△6七銀 ▲8八玉 △7八銀成 ▲同銀 △7七歩(第3図)

第3図△7七歩まで大疾走
後手は△6七銀から食らいついてきます。
ここで先手慌てず▲8八玉が落ち着いた手。
後手の攻めから一路遠ざかり完全に銀冠に入ることができました。

以下後手も△7八銀成~△7七歩と手筋で攻めてきます。
これは▲同銀と取ると△6七成桂と入ってくる狙いです。
最後の△7七歩の所、△6七金と打のは▲8七銀打と単に受けて問題ありません。
あるいは△6七金 ▲同銀 △同成桂 ▲3四角(参考図)といった手もあります。

▲3四角まで銀冠右玉
こういった手があるので後手も迂闊な手ではいけません。


第3図△7七歩まで大疾走
よって第3図のように△7七歩と攻めてきたのですが、後手に失着がでてあっさりと先手が良くなります。

第3図以下の指し手
▲8七銀 △7八金 ▲9七玉(結果図)

結果図小部屋銀冠右玉
先手は▲8七銀と逃げる一手です。
▲同銀と取るのは先ほどの通り△6七成桂と入ってくる手があります。

▲8七銀に対して△7八金が迂闊な手でした。
▲同銀 △同歩成 ▲同玉 △6五銀と玉を引きずり出し、桂馬を入手して攻める狙いだったのでしょうが、ここでは▲9七玉と逃げる手があり失敗に終わりました。
銀冠の小部屋に入ってしまうと寄せるのは困難で後手勝ち目はありません。

右玉ではこういった左辺に逃げる筋は頻出します。
特にこの戦法の左辺は銀冠なので、入った時の堅さは相当なものです。


・狙え!序盤早々の▲7五歩
銀冠右玉を狙う序盤戦の様子から。
ハイライト57五歩1
後手が△6二飛と構えた局面。
先手陣は一見なんの変哲もない銀冠模様。
後で駒組み手順を解説しますが、先にこういった手もあるというお話を。

ここで先手に機敏な手があります。
後手が△5四銀型なのがポイントです。
普通の銀冠でも十分考えられますので参考に。

第1図以下の指し手
▲7五歩(第2図)

ハイライト第2図7五歩
ここで▲7五歩と突くのが後手の陣形の不備を突いた一手です。
△5四銀型のために7筋方面に駒が利いていません。
先手の具体的な狙いは後手の右桂の捌きを押さえて▲7六銀と左銀の活用を狙っています。

以下先手は下図のような理想形に組むのが狙いです。
理想形ハイライト銀冠
こうなれば先手の左銀も働いており大満足の形です。
勿論後手もそれを嫌い反発しようとするのですが、簡単にはいかないのです。

というわけで第2図で後手はどうするか?
ハイライト第2図7五歩
まず△7四歩と突き捨てて△7二飛と7筋の歩を狙う指し方から見てみましょう。

第2図以下の指し手
△7四歩 ▲同歩 △7二飛 ▲7三歩成 △同飛 ▲8二角(変化図)

変化図8二角まで銀冠
一見味の良い△7四歩~△7二飛ですが、先手▲7三歩成~▲8二角という手があり先手有利です。
飛車香両取りがかかり後手失敗です。
変化図以下△7六歩は▲7三角成と飛車を取り、以下△7七歩成に▲9一馬と香を取って飛車を手持ちにしている先手が十分。
他に変化図で△7四飛は▲7五歩 △同飛 ▲6四角成で先手有利。

戻って他に第2図以下△7四歩 ▲同歩 △7二飛 ▲7三歩成の瞬間に△同桂は▲7四歩で桂が死にます。


角交換将棋なのでこういった危険性が常にあるのです。

では第2図で単に△7二飛(変化図)はどうでしょうか。
変化図△7二飛車
これなら先ほどの▲7三歩成の筋もなく7筋に働きかける事ができます。
しかしこの△7二飛も後手が△8四歩と突いていると成立しなくなります。
もし△8四歩を突いていると▲8三角(仮想図)といった手が生じてしまうのです。

仮想図8三角まで銀冠
これでは飛車を逃げた後に▲5六角成と馬を作られ7筋を破る事はできません。
8筋を突いていると7筋に飛車を回しにくいのです。
後手としては序盤で油断をしているとこういった手が色々と生じてしまいます。

変化図△7二飛車
ですが変化図は△8四歩と突いていません。
これなら先手の▲7五歩を咎める事はできるのでしょうか?

変化図以下の指し手
▲7六銀 △7四歩 ▲同歩 △同飛 ▲7五歩 △7二飛 ▲6八飛(結果図)

▲7五歩をめぐる攻防2
先手は▲7六銀と位を確保します。
以下後手は7筋の歩を交換してきますが▲7五歩で追い返して、先手▲6八飛と回って結果図。

後手は7筋の歩を手持ちにしましたが先手に▲6八飛と回られてしまいました。
こうなると先手はいつでも▲6五歩の開戦が可能です。
以下▲4八玉から玉を囲っていき、機を見て▲6五歩と突いていく将棋にしていけば主導権のある先手に不満はありません。

では戻って第2図。
後手もう1つの手段があります。
ハイライト第2図7五歩
ここで後手が△7四歩 ▲同歩 △6三銀(途中図)と7筋を銀を使い突破しようと考えてきた場合です。

途中図△6三銀までめぐる攻防
これも先ほどの応用のような展開になります。

途中図以下の指し手
▲7六銀 △7二飛 ▲6五歩(第3図)

第3図▲6五歩まで銀冠右ぎょく 
まずは▲7六銀と上がる一手に後手は△7二飛と7筋に照準を合わせます。

△7二飛のところ△同銀は▲7五歩 △6三銀 ▲6八飛と四間飛車に転身され、先手が主導権を握りやすい展開になります。
▲6八飛以下は後手が△7二飛と回った瞬間に▲6五歩と仕掛ける手があり後手上手くいきません。

よって途中図から△7二飛と回って次の△7四銀を狙いますが、その瞬間に▲6五歩(上第3図)と突きます。
単に▲6八飛と回るよりもこちらの方が先手を取れるため先に歩を突き捨てます。
では第3図以下どのようになるか色々と解説していきます。

まず△7四銀と出る変化。
第3図以下の指し手
△7四銀 ▲6四歩(変化図)

変化図▲6四歩まで銀冠右玉
後手は△7四銀と出て、次の△7五歩の制圧を狙います。
△7四銀のところ、△7四飛は▲7五歩 △7二飛 ▲6八飛と進み6筋から反発されます。
そもそも7筋の奪回という意に反した手なので、△7四銀と後手は銀で7筋を狙いに行きます。
しかしそこで▲6四歩と反発する手があり先手も十分やれます。
変化図以下△7五歩は▲6五銀 △同銀 ▲同桂 と進んで次に▲6三銀のぶち込みを狙っていきます。
乱戦模様になり、お互い難しい将棋となります。

序盤で▲7五歩という欲張った手を指した以上はこういった変化も覚悟しなければなりません。


では第3図に戻って。
第3図▲6五歩まで銀冠右ぎょく 
もう一つ考えられる手は、第3図で単に△6五同歩と取る手です。
これにも先手は乱戦狙いで戦っていきます。

第3図以下の指し手
△同歩 ▲6八飛 △7四銀 ▲6五銀(結果図)
結果図は▲6五銀まで銀冠右玉
△6五同歩には▲6八飛と6筋に飛車を回し、次の▲6五銀を狙います。
後手△7四銀のところ、△7四飛には▲6五銀と出る手が飛車当たりになるのでこれは先手十分です。
というわけで△7四銀には▲6五銀とぶつけて結果図です。
以下はお互い難しい将棋でいい勝負でしょう。

後手はそう簡単には▲7五歩を咎める事ができません。
変化に自信がある場合は積極的に狙う価値はあるでしょう。

▲7五歩と突く条件は、
・後手が△5四銀型
・後手が△8四歩を突いている

この二つが大きなポイントだと思います。
特に△5四銀型は絶対条件です。
△6三銀型相手にやってしまうと、即座に△7四歩と反発されて失敗します。

後は先手と後手の形などで細かな違いが出るので、きちんと読みを入れて突くことが大切です。
無条件に▲7五歩~▲7六銀の形を作る事が出来れば先手もかなり主張のある形になります。(下図)

理想図2銀冠右玉
後手は右桂を使いにくいのが先手の主張。


では次に相右玉だとどうなるのか?という例をお見せします。

・対右玉には滅法強い
実はこの戦法、相右玉戦だとなかなかの威力を発揮します。
相右玉戦になると左辺の銀が攻め駒として力を発揮しやすいのです。
具体例をお見せします。
第1図はハイライト4
後手風車模様で先手は銀冠右玉。
ここから先手の銀冠右玉の攻めが始まります。

第1図以下の指し手
▲6五歩 △同歩 ▲同桂 △同桂 ▲同飛 △6四歩 ▲6九飛(第2図)

第2図6九飛まで
先手は▲6五歩から桂交換をします。
実は右玉の右桂は守り駒としての意味合いが強く、この右玉の守りの桂馬と自分の攻めの桂馬を交換できれば有利という話があります。

この話は『金言玉言新角言』という本のP32『銀桂交換を恐れるな』という欄で2Pだけ紹介されているのですが。
右玉側の玉の守りの桂馬と居飛車側の攻めの銀の交換なら右玉側不利という物でした。
つまる所、右玉側にとっては右桂を交換されるのは辛い事なのです。

駒損の銀桂交換でも守りの桂を失った右玉側が悪いなら、普通の桂交換なら右玉側がさらに大変。
なので攻めの桂と守りの桂を交換した上の局面は、既に銀冠右玉側のペースなのです。


・将棋・B級戦法の達人 (金言玉言新角言も合併されている本)

金言玉言新角言編で新しい独自の格言の実例を解説している本。
B級戦法の達人プラス金言玉言新角言を合本し、一緒に文庫化して出版したお得な本。
目から鱗的な格言もあるので興味がある方は目を通してみましょう。
右玉党の方は特に必見という物ではありませんが格言や手筋は勉強になります。


では戻って第2図。
第2図6九飛まで
先手は6筋に駒がないためあっさり桂交換ができるというメリットがあります。
そのメリットを生かしてさっそく攻めの桂馬と守りの桂馬を交換できました。
これでも先手面白いですが、ここからさらにこの戦法の威力がわかる一例をお見せします。

第2図以下の指し手
△2四歩 ▲7五歩 △同歩 ▲7六歩 △同歩 ▲7六銀(結果図)

銀冠右玉相銀
後手には△2四歩と待ってもらいます。
先手はそこで▲7五歩と突く手が継続手です。
後手がこの歩を取らなければ▲7六銀と銀を繰り出す手が絶品で、次の▲6五歩が厳しくなります。
なので後手も△同歩と取りますが、▲7六歩と合わせる手が継続手です。
放っておくと▲7五歩と取り込まれますので、△同歩の一手ですが ▲同銀と取って結果図です。

こうなると次に▲6五歩 △同歩 ▲6五銀と出てくる手が後手右玉の真正面を攻めることになり先手成功です。
対右玉相手になると、6筋で桂交換をして手にした歩で左銀を活用する という手順が非常にやりやすいのです。
これは上手くいった例ですが、対右玉相手にはこの筋が効果的なので覚えておきましょう。



・銀冠右玉の駒組み
では最後に銀冠右玉の駒組みを解説して終わりたいと思います。
この戦法は駒組み段階が非常に面白く序盤に数々のフェイントをかけることになります。
相手は序盤で戸惑う事間違いなしです

初手以下の指し手
▲7六歩 △3四歩 ▲2二角成 △同銀 ▲7七桂(第1図)
第1図は▲7七桂まで銀冠右玉
この戦法は先手番で3手目角交換から▲7七桂と跳ねます。
いきなり不思議な手が飛び出しましたが、この角交換から▲7七桂と跳ねる戦法はすでにあります。
それは▲7七桂戦法です。

白砂青松の将棋研究室の白砂青松さんが開発した戦法で早期に角交換から▲7七桂と跳ねてから振り飛車にする戦法で立石流に似た感触の戦法です。
▲7七桂戦法 の解説は白砂青松さんのサイトにあるので気になる方は是非見てみてください。

さて話を戻して第1図です。
戦法に詳しい人なら、▲7七桂と跳ねた局面を見て「ははぁん。これは▲7七桂戦法だな」と思う事でしょう。
しかし先手の思惑は違います。
では手を進めてみましょう。

第1図以下の指し手
△8四歩 ▲8六歩 △6二銀 ▲7八金(第2図)
第2図銀冠右玉駒組み
後手の△8四歩には▲8六歩と受けるのが銀冠右玉の第一歩です。
▲8六歩を見て後手はおや?と思うことでしょう。
▲7七桂戦法は▲8六歩と飛車先を受けないからです。

そして先手の▲7八金を見て、後手はまた「ははぁん」と納得するでしょう。
これは米長邦雄永世棋聖が考案した角頭歩戦法と同じ展開なのです。

参考までに角頭歩がどういう戦法かについて、簡単に実戦譜を載せておきます。

・角頭歩実戦譜
1964年 その他 米長 対 木村義
1975年 王将戦 米長 対 中原
2005年 レーティング選手権 武田 対 久津
2005年 学生名人戦 小林知 対 長谷川潤
2005年 その他 山口直 対 村田智



・参考書籍
ネット将棋で勝つ米長の奇襲

角頭歩戦法・新鬼殺しの序盤を研究した一冊。
米長永世棋聖の実戦譜は無しで徹底した序盤研究に一冊を費やしているので角頭歩の序盤戦についてはこれがあれば完璧だろう。

米長の将棋 完全版 第三巻

米長永世棋聖の実戦譜を解説した本。
角頭歩戦法や筋違い角、袖飛車などの実戦譜を載せている貴重な本。


角頭歩戦法の紹介になりましたが、話を戻して第2図。
第2図銀冠右玉駒組み
先ほどの話を後手が知っているなら、先手陣を見た後手は「これは角頭歩戦法だな」と思う事でしょう。
しかし先手の狙いは角頭歩戦法でもありません。

第2図以下の指し手
△3三銀 ▲8八銀 △4二玉 ▲4八銀 △3二金 ▲4六歩
△6四歩 ▲4七銀 △6三銀(第3図)
第3図△6三銀まで銀冠
後手は先手の動きに警戒しながら駒組みを進めていきます。
先手は▲8八銀として7六の桂頭をいつでも守れる準備をしておきます。

第3図までのポイントは、すぐに▲8七銀と上がらない飛車先の歩は突かない ということです。
▲8七銀とすぐに上がらない意味は、後手が桂頭を攻める手段がすぐにはないからです。
序盤でわざわざ一手をかけて▲8七銀を上がるよりかは、その一手を右辺の駒組みに使って右玉の準備を整えたいのです。
▲8七銀と上がるタイミングは、相手が桂頭を攻める可能性がある時。
具体的には△7四歩の瞬間に▲8七銀と上がって桂頭を守るのがベストでしょう。

飛車先の歩を突かない意味も同じで、飛車先の一手よりも指す必要のある手が沢山あります。
まずは▲4八銀~▲4六歩~▲4七銀の形をいち早く作りましょう。

後手も駒組みを進め、先手陣を見て角頭歩戦法ではない事がわかります。
「奇天烈な出だしだったが、何のことはない。ただの銀冠か」そう思う事でしょう。
今度はその通り銀冠に先手は進めていきます。


第3図以下の指し手
▲3六歩 △5二金 ▲3七桂 △7四歩 ▲8七銀 △9四歩
▲9六歩 △1四歩 ▲1六歩 △4四歩 ▲4八玉 △7三桂(第4図)
第4図銀冠右玉
先手は▲3六歩~▲3七桂と右辺の駒組みを進めます。
そして後手は△7四歩として次に△7三桂と跳ねる準備と7筋からの桂頭攻めを狙っています。
ここで▲8七銀と上がるのが大事な一手で、この手を怠って▲5八金といった手を指してしまうと△7三桂(変化図)と跳ねられ少し困ってしまいます。

変化図銀冠右玉11
変化図で▲8七銀と遅れて上がるのは、後手に△6五歩と位を取られる手が気になります。
他にも▲8七銀に△6五桂と桂交換に来る可能性もあります。
それを防いで変化図で▲6六歩と突くのも、△8五歩 ▲同歩 △同桂 ▲同桂 △同飛(変化2図)と飛車を捌かれ先手不満。

銀冠右玉失敗図223
この形になってしまうと、先手には一応▲7三角といった反撃手がありますが居玉でしかも飛車の利きが通っているので、変化2図からいきなり△7七桂と打つ手や△8九角が成立する可能性があります。
先手銀冠でない状態で8筋を交換されるのは流石に不満なので△7四歩には▲8七銀と上がるように覚えておきましょう。

では第4図に戻りましょう。
第4図銀冠右玉
端歩の交換を入れてから△7三桂と跳ねた局面。
先手▲5八金を入れずに▲4八玉と上がるのがポイントです。
この手を見て後手は「まさか右玉だったとは!?」と驚く事間違いなしです。

もし▲5八金(仮想図)と上がっていると何が問題なのか?
仮想図5八金
具体的に手順を示してみましょう。

仮想図以下の指し手
△8五歩 ▲同桂 △同桂 ▲7三角(変化図)

変化図73角まで銀冠
後手は△8五歩から8筋交換を狙ってきます。
そこで常套手段の▲7三角ですが、▲5八金型だと気になる変化があるのです。

変化図以下の指し手
△7二飛 ▲9一角成 △7七角(変化2図)

変化図△7七角まで銀冠
後手は△7二飛と角に当てる手があるのです。
これは当然▲9一角成と成る一手ですが、ここで後手に△7七角の強手があります。
この△7七角が王手なのが激痛で、先手▲4八玉の一手に△9九角成と香を取られ先手陣が大変な事になってしまいます。

この変化があるのが一因で▲5八金と上がらないのですが、もう1つ▲5八金型が祟る変化があります。


仮想図5八金
再掲載仮想図の指し手
△8五歩 ▲同桂 △同桂 ▲同歩 △同飛 ▲8六歩
△8一飛 ▲4八玉 △6五歩(変化図)

変化図△6五歩まで銀冠右玉12
▲7三角と打つとどうも不味いので、一旦8筋は▲8六歩と甘んじて受けておく展開。
8筋の歩は切られたが、その後右玉に組んでしまえば手持ちの桂が大きいという感覚ですが。
先手▲4八玉の瞬間に△6五歩(上変化図)があって先手容易ではないのです。
これを▲同歩は△6六桂で先手困ってしまいます。
こういった変化があるので、先手は▲5八金と上がりにくいのです。

第4図銀冠右玉
というわけで先手は▲5八金を省略して▲4八玉と上がったわけです。
これが前述2つの変化を消した一手なのです。

そして第4図、後手が△7三桂と跳ねた局面です。
あと▲6六歩・▲2九飛・▲5八金が入れば銀冠右玉が完成するのですが、その3手が気を抜けないのです。

第4図以下の指し手
▲6六歩 △3一玉 ▲2九飛 △2二玉 ▲5八金(結果図)

完成図銀冠右玉
先手は次に後手に△6五歩の位取りや△6五桂の桂交換が嫌なので▲6六歩と受けます。
これは大事なところで、後手に△6五歩と位を取られる前に▲6六歩と突いておくのは常に心がけておきましょう。
そして▲2九飛と先に引くのが重要で、先に▲5八金と上がると前述のように△6五歩~△6六桂の変化を狙われる怖れがあります。
▲2九飛~▲5八金と上がり、これで銀冠右玉の完成です。

こうなれば様子を見て▲5六歩、▲3八玉~▲4八金、▲2六歩~▲2五歩、▲6九飛など指したい手が沢山あります。
結果図以下、先手▲5六歩は△5五桂を消す手なのですが 先手玉に角で王手がかかる形になるので▲5六歩と突いた後は必ず▲3八玉と寄っておきましょう。

左辺の手厚さと6筋の軽さを上手く利用して警戒に攻めるか、玉形を整えてカウンターを狙うなどで右玉独特の指し回しを楽しみましょう。
銀冠模様から右玉へ組むという大胆な手順は指された相手は「何なんだこれは!?」と驚く事間違いなしです。
さらに序盤の駒組みの形によっては普通に銀冠に囲っても良いので、相手の出方次第で形を変えるこの戦法はなかなか面白いと思います。

そして最後に▲6六歩の瞬間に後手△8五歩と8筋交換に来る変化をもう一度おさらいしておきましょう。

第4図銀冠右玉
第4図以下の指し手
▲6六歩 △8五歩 ▲同桂 △同桂 ▲7三角 △8一飛 ▲8五歩(変化図)
変化図7三角までの反撃
▲4八玉の瞬間に△8五歩は何度も出た手筋▲同桂~▲7三角の手筋で先手不満ありません。
先手8筋が手厚いので生半可な反撃手段はありません。

角換わり模様と思わせ、銀冠に囲い、そこからさらに右玉にする・・・。
かなり変則的ですが一発戦法としては十分通用すると思いますので、普通の右玉に飽きたという方は手を出してみるのも良いかも?しれません。
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
カウンター
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。